ホームセキュリティの導入を検討している場合、パンフレットなどの資料請求を

自宅へのホームセキュリティの導入を検討している場合、警備保障会社の会社概要やパンフレットなどの資料請求を行いましょう。いきなり営業マンを訪問させると、むこうのペースで話が進められてしまいます。

家の警備の大手セキュリティの業者には、無料で資料を請求できます。警備料金の標準料金や、そのセキュリティの業者の規模などがわかり参考になるはずです。何も知らないで説明を聴くより、予習しておくことで営業マンもあなたに一目置くようになるはずです。
間取りに合わせた警備プランや、駆け付けるガードマンの制服など、資料請求で知識を得ておけば、警備会社の営業マンのペースになることはないでしょう。

無料の資料請求で、損をすることなんて何もありません。

監視センターの規模や対応力、警備員の数などを見積依頼の前に予習できるメリットは計りしれません。

家の警備はどのセキュリティの業者が一番良いか迷っている時は、警備会社ごとの特長や、機器構成、家族構成や使い方に対応する警備プランは確認して置いたほうが良いです。まず資料請求で、おおよその費用と、その警備会社の特長を比較することが出来ます。

なかでも、北海道から沖縄まで全国に拠点を置いているのは、セコムとalsokの2社になるはずです。

家の警備のシェアもこの2社が群を抜いている状態で、2社競合がお奨めですが、念のため各社の資料も確認してみることをお薦めします。
ズバットホームセキュリティ一括資料請求の中には、「secom」「アルソック」の他に、「全日警」「関電SOS」「TOKYU SECURITY]があります。
各警備会社の資料を持とに、2社から3社程度に見積もりを依頼するようにします。

複数社競合させることで、確実に警備料金は下がりますし、プランも良いものが出来上がるはずです。

資料やパンフに載っているのは定価ベースなので、絶対に相見積もりを行ってちょうだい。

ご自宅に家の警備ーをご検討されてるなら始めはホームセキュリティをあつかう会社に見積もりをとらなければなりません。
実際に警備員が駆け付けてくれるホームセキュリティは、テレビCMでも頻繁に見かけます。ただここで一社だけに見積もりさせると損をします。

日本国内を全て網羅しているのは、セコムとalsokという業界のツートップですが、いきなり1社だけにホームセキュリティの見積を依頼するのは避けたほうがいいです。どうしてかというと、セコムとalsokは特に競争意識が高いですが、他社も含め相見積もりで競合させると、価格は必ず安くなるはずです。セコムの提案が良いと思っていても、alsokがその上を行って大幅値引きをすることもあります。

複数社の相見積もりには、料金だけでなく、ホームセキュリティプランの提案力を伺うこと出来るのです。見せ掛けだけ価格を下げるために利便性を無視する会社や、高度な警備仕様を特価で提案してくれたり色々見れて検討材料も増えます。

ホームセキュリティにおいては、訪問警備診断からお見積もり提出まで全て無料なので、各社複数プランを提出させるといいでしょう。

営業マンが訪問して家の警備のお見積をしても料金はかかりません。

なんと、実際に契約を交わして、機器の設置工事が終了してからでないと、お金を請求されることはありません。

契約をするまでは何度再お見積もりをしても見積製作には一切費用は掛かりません。家の警備の契約は5年間にのぼります。なので、納得いくまで話し合いをして少しでも有利に契約することが大事です。
蛇足ですが、ホームセキュリティにはお買い上げプランがあります。

買取プランでホームセキュリティをご契約されたら、機器は全部あなたのはずです。

買い上げプランは解約金が発生しないため、契約期間を気にしなくても構いません。

少し話がそれましたが、見積もりまでは無料なのでじっくり検討しましょう。こちらもおすすめ>>>>>セコム対アルソック!ホームセキュリティの違いを比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です