祝花に胡蝶蘭を贈る場合に失礼に当たらない最低限のマナー

ビジネス場面の設立記念でも、祝花に胡蝶蘭が選ばれますが、失礼にならない程度のマナーは、知識として覚えておかないとダメでしょう。例えば、胡蝶蘭でも赤系統は、火や火事をイメージさせるので、赤系の胡蝶蘭や赤一色のラッピングは止めましょうまた、立札を付けるのを忘れないようにしましょう。
他からも祝花がたくさん届くので、贈り主が一目で分かるようにするのもマナーです。
もらった胡蝶蘭が不要になってしまったら、どうやって捨てれば良いか悩んでしまう人も多いみたいです。

そのようなケースで、助かるのが、胡蝶蘭の引取りを請け負っている業者です。
胡蝶蘭が不要になる事情は色々で、取引先から貰った花を一定期間置いて処分するケースや、枯れてしまう等、数が多い場合でも、一鉢しかない場合でも対応が可能です。
サービスに支払うお金が勿体ないと思うのなら、自分で処分するしかありませんが、手間が掛かっても地域ごとの分別方法に従って細かく仕分けして捨てるしかありません。

お花のプレゼントが嫌な人はそういませんが、贈られる人のシチュエーションに合った花言葉のものをチョイスすると、贈られた側も、花ギフトに込められた想いを感じることが出来ます。
たとえば、開店祝いや挙式などで胡蝶蘭をよく見かけますが、全ての品種に共通する花言葉、「純真」「幸せを運んでくる」の他、色彩ごとに個別の花言葉を持っています。
胡蝶蘭に限った話ではありませんが、花ギフトを贈られる側のシーンに適した花言葉を添えることで、ただ花を贈るよりも、一層心がこもった贈り物となるのです。
スマホ端末の進化に伴い、フラワーギフトの通販サイトも、最近ではスマホから簡単に注文できます。

しかも、様々なサービスも充実していて、札へのメッセージ、ラッピングの種類などまで個別に無料で行ってくれます。

配送についても言えることで、全国でのスピーディな配達や、場合によっては当日に配送してしまえるショップもあります。

フラワーギフトも便利になったものです。病院に入院している知人の見舞いとして、 心を落ち着かせる意味で、美しい花を贈るのも良いことですが、鉢に根が植えられた花は「根が張る」としてマナー違反です。こちょうランを入院してる人に贈る場合は、花束にアレンジするなどして、株が植わった状態で贈るのは絶対に止めておきましょう。

タブーとされるこの事を理解していれば、ニオイや花粉の量が微々たる胡蝶蘭は、殺風景な病室を華やかにして、入院中の人の心を癒してくれるでしょう。突然の訃報とかお悔やみなど、急な知らせで胡蝶蘭を送りたい場合、24時間受付可能な当日対応の通販店が助かります。高速道路や宅配事業者が増えたおかげですが、だいたい翌日には届けることが出来ます。何とかして明日には届いて欲しいとか、急ぎで焦ってる場合は、夜間でも早朝でも注文できるのでお勧めです。

付け加えて言うと、急な配達が出来る胡蝶蘭専門店は、立札とラッピング、商品写真の送信まで値段に含まれます。様々な種類がある胡蝶蘭ですが、分ける基準の一つに、花のサイズ別によるものが挙げられます。最も多く目にするのが、大倫という一番花のサイズが大きい種類です。
それに対し、親しい人へのプレゼントや母の日のギフトなど、お手頃価格で買える小さいサイズのミディ胡蝶蘭があります。

使い分けですが、贈り先との関係性やシーンによって大体決まっています。貰った胡蝶蘭の育て方に関してですが、ほとんど手間がかからないんです。1週間から10日程度に一回の水やりで良いですし、花が散ってからの植え替え方法も簡単です。ただ、寒さには弱いので、人が快適だと感じる程度の温度を保ってあげましょう。それと、空調の吹き出し口なども良くないので、置き場所は選んであげましょう。

お祝いの花に胡蝶蘭が選ばれるには訳があります。
ひとつは、見た目の華やかさや豪華さ、また、ニオイが少なく長期間咲き続ける日持ちの良さも挙げられます。

普通に贈られる花ギフトであれば、直ぐにしおれてしまい日持ちしませんし、これらのことを踏まえると、数か月咲き続ける胡蝶蘭は喜ばれるわけです。おめでたいシーンや門出に贈る花は、やっぱり胡蝶ランにする人が圧倒的に多いわけです。胡蝶蘭を贈るのは、開業など人生の門出だけでなく、故人をしのぶ際にも使うことがあります。胡蝶蘭という花は、悲しみに暮れる人の心を癒してくれるとされていて、お悔やみの場に贈ってもマナーに反するこということはありません。日本にまで胡蝶蘭が広がることになった歴史のはじまりは、ヨーロッパで19世紀に起きた壮大な欄ブームで、その神秘的な美しさが、様々な品種を探すきっかけになり、こちょうランの原種を発見する事になったわけです。選ぶ胡蝶蘭の値段は、贈るシーンや、関係性によって変わってきます。
友達や親類への贈り物であれば5千円程度のミニ胡蝶蘭でも良いですし、取引先などであれば2万円以上の立派な大倫胡蝶蘭が良いでしょう。

どちらの場合も、こちょうランの値段が生花店より安いのが通販で、場合によっては半額になることもあります。

これは中間コストを削減しているショップが多いためで、生産者からの直送を行っているからです。育て方も知っておいたほうが良い胡蝶蘭ですが、寒さに弱いのは、覚えておいた方が良いでしょう。
元々の原産地は東南アジアの暑い地域ですが、木々の生い茂る明るい日陰で育ったので、実のところ、直射日光も苦手です。15度~20度前後が適切な温度で、置くとことは通気性も考えてあげましょう。
水やりは頻繁にする必要はなく、根元が乾いてきたと思ったらあげる感じです。